これは 「ハコトモ」がサルベージして表示している旧Tweetviteの http://tweetvite.com/event/AOD2 のキャッシュです。
リンク先の動作や内容修正、変更等の動作は検証しておりません。表示情報参照目的のみでお使い下さい。
ハコトモは旧tweetvite.com運営者とは一切の関係はありません。現在はいままでの利用者の便宜を考え旧運営者が管理していた旧サーバーよりデータをキャッシュして表示する機能を提供しています。これにより過去に作成したイベントは以前と同じURLで情報を参照可能です。詳しくはドメインのトップページをご覧下さい。
(この表示はGoogleキャッシュ表示用のコードを参考にして作成されました)
Tweetvite :: Army Of Darkness vol.2

Army Of Darkness vol.2

Hosted By: @myosuke

Hashtag:   #AOD2

Views:  12308

Army Of Darkness vol.2

2013/9/16(祝・月) 中野heavysick ZERO
(〒164-0001東京都中野区中野5-41-8 カースク中野B1,B2F)

start - 14:00 

DOOR 2500YEN / WITH 1DRINK
W/F 2000YEN / WITH 1DRINK
※入場時にフライヤーもしくはフライヤーを表示した画面をご提示いただくとディスカウントになります。
年齢制限はありません。未成年の方でも入場できます。前売り券の販売はありません。

物販アリ!
出演者のCD、Goodsが買えます!

一年ぶり二回目の開催となる、ハードコアの中でも特に激しいイベントArmy Of Darkness!場所は同じく中野Heavy‐sick ZEROにて開催!なんと今回はスペシャルゲストに、80年代より音楽活動を開始しTRIBECOREシーンを牽引してきた大御所Suburbassがチェコから来日!更
にハードコア先進国イタリアにて精力的に活動中のDj Rejectが来日!国内からは、オーガナイザーであるDJ Myosukeをはじめ、オランダの老舗レーベルMegarave Records所属の北のガバ王子ことRoughSketch、青森からSOLIDBOX RECORDS主催のNoizenecioが襲来!更に仙台からLulickma、名古屋からmoro、大阪からB45Hと、各地のハードコアシーンの重要人物が中野の地下に集結!B2フロアーは安定感のある玄人DJが間違いない選曲で盛り上げる!東京ではめったに見られない出演者陣!連休の終わりに最高のハードコアを体感せよ!無法地帯と化したダンスフロアで踊り狂え!Army Of Darknessを生き抜くのだ!


◆B1 Floor
Suburbass (from Czech)  
Dj Reject (from Italy)  
DJ Myosuke (Japanese Stream Hardcore / Psycho Filth Records)
RoughSketch  (Notebook Records / Megarave Records)
Noizenecio (SOLIDBOX RECORDS / HARDCORE TANO*C)
moro (Psycho Filth Records / 不可逆ハードコア)
RedOgre (Sketchup! Recordings / Psycho Filth Records) 
B45H (GRINDCIRCUS / Psycho Filth Records)
Lulickma (Psycho Filth Records / Ontembaar Ster Records / Assault Star)

VJ
hurafura

◆B2 Floor
6th (Illegal wave Records / Bassquaker)
tcmz (Black Maria / FHTT / Bassquaker)  
Xystran (Psycho Filth Records / W.T.F. Records) 
XANVEL
BISHAMON (experience!! / Bassquaker / Shogunate)
colon (Sprout / Illegal Wave Records / Shogunate)

Photo
NΛMI

 

 

B1 Floor出演者紹介 

Suburbass

フランス生まれチェコ共和国在住のTRIBECORE ARTIST。
80年代より音楽活動を開始し、90年代にTRIBEの代名詞ともいえるフリーパーティーを初主催。
1996年より全てのPARTY PEOPLEの為にサンプラーを携えLIVE活動開始。
以後休むことなく今日までTRIBECOREシーンの最前線を走り続けている。
現在ではヨーロッパ全土を中心にクラブ・フェス問わず活躍中。
そのNuSkoolとOldschoolのTEKNO(not"TECHNO")の良いとこ取りをしたサウンドに
Acidcore、Hardfloor、Frenchcoreをクロスオーヴァーさせた唯一無二のスタイルは必見!

https://www.facebook.com/SUBURBASS


Dj Reject 

9歳の時にHardcoreに出会う。その後Techno、Drum 'n' Bass、Frenchcoreなどのジャンルに触れるが、Hardcoreを超えるジャンルには出会えなかった。
イタリアで初めてハードコアパーティーを経験し衝撃を受け、彼はDJ活動を開始することを決意。 2010年に活動を開始後、様々なパーティに出演している。

https://www.facebook.com/rejecthardcore


DJ Myosuke

都内を中心に活動するHARDCORE DJ/トラックメーカー。
その攻撃的でありながら時に美しさ、儚さを内包した楽曲は多くのリスナーから高い評価を得ている。自らスピードコアレーベル「Psycho Filth Records」を立ち上げ、数多くの作品をリリース。
また、国内のメインストリームハードコアクリエイターを集めたコンピレーション「Japanese Stream Hardcore」を企画、リリースし注目を集める。
ヨーロッパのTraxtorm、Neophyte両レーベル主催のプロジェクト「THIS IS HARDCORE TIH ALBUM REMIX PROJECT」にて入選、
オランダの大御所ハードコアユニットRotterdam Terror Corpsのリミックスを手がけるなど、国外での活躍も目覚ましい。

http://myosuke.com/


RoughSketch

1987年8月4日生まれ。2004年からRoughsketchプロジェクトを始動する。
日本の札幌を拠点にトラックメイカー、DJ、レーベルオーナーといった活動を行っている。
ハードコアサウンドにボーダーレスなエッセンスを加えたスタイルで日本国内の大手レーベル【X-TREME HARD】【HARDCORE TANO*C】【MOB SQUAD TOKYO】等からリリース。
加えて自身のレーベルからフルアルバムを4枚リリースするなど精力的に活動している。
KONAMI【SOUND VOLTEX BOOTH】の一般公募にて【Distorted Floor】が採用される他、各所でオリジナルトラック、Remixを発表している。
2010年以降は国境を越え、オランダの老舗レーベル【Megarave】やアメリカの【Hard Kryptic Records】からもリリースを果たす。
ハードコアTOP DJであるDJ Paul ElstakのMIX CD【Paul Elstak Megamix 2011】や【Cherry Moon pres. Hardcore Universe Mixed By Evil Activities】に早々トラックが使用される。
2013年ではハードコアテクノの最高峰レーベル【Neophyte Records】と【Traxtorm Records】の企画【This is Hardcore】のRemixコンテストで1000トラック以上もの応募の中、入選を勝ち取った。 
【Track it Down】による【Hard Dance Awards】では2012年の【Best International DJ Asia】の項目で1位のYojiに続き2位に入選。日本国外での評価も非常に高い。 
DJとしては札幌で唯一のハードコアイベント【YATSUZAKI HARDCORE】の主催及びレジデントDJとして活動。ジャパニーズハードコアの祭典【The Day Of Hardcore】や【HARDCORE TANO*C】主催イベントに継続的に出演を果たしている。
また、【Notebook Records】というレーベルを主催しており、多くのCDをリリース。国内のハイクオリティなトラックのリリースはもちろん、
Endymion、Hellsystem、Nitrogenetics、THE SPEED FREAK、DJ Plagueといったシーンの第一線で活躍するトラックメイカーのトラックを呼び込んでいる。
日本のハードコアを世界に、そして世界のハードコアを日本に繋げている。    

http://notebookrecords.net/


Noizenecio

Hardcore will never die!

http://sbrec.net/


moro

21世紀初頭、GABBAキックと出会いDTMを始めたのが運の尽き。
すっかり虜になり音楽を始めた気になっては、 毎晩曲を作るものの作る曲はGABBAばかり。
これではイケナイと思った私はスピードコアを作り始め、 GABBA/Speedcore屋さんを開業し今に至る。
不可逆ハードコア、Psycho Filth Records所属。

http://moro108.com/


RedOgre

都内を中心にLive Actとして活動中のTerror / Speedcoreトラックメーカー。
自身のトラックをリアルタイムでカットアップし、DJ Mixにより再構築するスタイルを武器に様々なパーティーでLive Setを敢行。
「SKETCH UP! Rec.」「Psycho Filth Records」を筆頭に数々の国内外レーベルからオリジナル、リミックストラックを発表しており、
2013年春には ROTTERDAM TERROR CORPS の20周年記念アルバム「RESPECT THE CORE」に日本人リミキサーの一人として参加を成し遂げた。
高速でフロアに叩きつけられるリズム帯でクラウドを圧倒し、その音楽をアンダーグラウンドシーンに轟かせ続けるべく暗躍しているアーティストの一人である。 

https://twitter.com/RedOgre


B45H

DJデビューから1年足らずで自身のオーガナイズによるPARTY『#include』を開始。
関西では珍しいDAYTIME HARDCORE PARTYとして話題を集め、
特に第1回は伝説として語り継がれるほど熱狂的なPARTYとなった。
Hardcore・Drum'nBass・Dubstep・Electroなどを縦横無尽に駆け回るプレイスタイルで高い評価を得る。
また、オリジナルトラックも精力的に製作し、2011年よりJAPANESE SPEEDCORE LABEL『Psycho Filth Records』にも所属するなど、
DJ・LIVE共にこれからの動向が最も注目されるARTISTの1人である。

http://soundcloud.com/b45h


Lulickma

日本の萌え文化と欧州TRIBEサウンドの高次元融合に成功、その成果はTRIBEの本場にも影響を与えるまでに至ったOntenbaster Recordsを主宰するTRIBE/HARDTEKクリエイター。
キュートでナードなサンプリングの可愛さで油断させつつも、ハードコアレーベルPsychoFifth Recや、仙台のハードコアパーティAssault Starをリーディングする。
ハードテイストが右脳と左脳を刺激するサウンドを生み出しているらしいが、本人には全くその自覚がない。

http://ontembaarster.blog100.fc2.com/

Date & Time

Monday, September 16 2013 at 2:00pm (JST)

Add to Calendar

Location

Club Heavy Sick Zero
5丁目-41−8
Nakano Tokyo

Please login to leave a comment!

There aren't any comments yet.  Leave the first one and get the party started!