これは 「ハコトモ」がサルベージして表示している旧Tweetviteの http://tweetvite.com/event/ordotime のキャッシュです。
リンク先の動作や内容修正、変更等の動作は検証しておりません。表示情報参照目的のみでお使い下さい。
ハコトモは旧tweetvite.com運営者とは一切の関係はありません。現在はいままでの利用者の便宜を考え旧運営者が管理していた旧サーバーよりデータをキャッシュして表示する機能を提供しています。これにより過去に作成したイベントは以前と同じURLで情報を参照可能です。詳しくはドメインのトップページをご覧下さい。
(この表示はGoogleキャッシュ表示用のコードを参考にして作成されました)
Tweetvite :: クリルタイPresents 「Ordo Time」

クリルタイPresents 「Ordo Time」

Hosted By: @terasuy

Hashtag:   #khuriltai

Views:  2951


ハイブリット・エイジは、どんな音楽でも楽しめる!
その場が「Ordo Time」です!!

モテも非モテもリア充も非コミュも、「音楽がすき」という共通項さえあれば同じ空間を共有できるはず!! そして、Jポップからアニソン・ボカロ・ゲーソン、エレクトロ・ポップからミニマルテクノまで、フラットに「良い曲は良い!」と感じられるリスナーが、現在のシーンを作る。そういった今を象徴する「場」が「Ordo Time」です。

面白集団『クリルタイ』から巣立った3名のDJプレイや、さまざまなゲストをお迎えして織り交ぜて繰り広げられるトークセッション。感性も知性も刺激する時間を、秋葉原「MOGRA」にて共有しましょう!!

 

日時

  2011年1月22日 14:00(OPEN)~20:00

 場所

 秋葉原「MOGRA」

 http://club-mogra.jp/

主催

 奇刊クリルタイ

 http://khuriltai.readymade.jp/top/

 

 

DJs

 

スギモトトモユキ

Jyunya_NJC

K&A

ピコシマメ

junkMA & terasuy

Masao

 

VJs

 

Maera

スギモトトモユキ

 

talks


D-YAMA

坂口トモユキ

republic1963

parsley

 

Illustrator


吉川にちの

 



タイムテーブル

14:00Open)~ Masao

15:00Start)~ Talk1 D-YAMA × Parsley × republic1963

15:30K&A

16:15Jyunya_NJC

17:00~ ピコシマメ

17:45~ スギモトトモユキ

18:15Talk2 坂口トモユキ × Parsley

19:00~ terasuyjunkMA

 

 



 

Talk 1 アニソン・ゲーソンDJが世界進出!?

夜な夜な繰り広げられるアニソン・ボカロ・ゲーソンDJのUSTREAM、どうやら海外からも相当な人数が見ているらしい? 新時代のDJプレイは想像以上の広がりを見せている。海外進出を目論むMOGRAのD-YAMA店長に2011年の野望を聞いてみる。

 

  • D-YAMA

昭和62年生まれの肉食系男子埼玉県代表。「DJはモテる。」その一言に踊らされて業界に飛び込んでみたものの全然モテないしなんなのと自暴自棄になりアニソンDJ活動を開始。

2008年の『DENPA!!!』出演を機に一躍人気DJの座へと駆け上がったかのように見えたが実際そんなことはなく、地下でジットリとキノコみたいな生活を送るMOGRA店長。海老を与えると喜ぶ。

 

Talk 2 「痛車」から「Ita☆sha」へ!?

 

コミックマーケットC79において、圧倒的なクオリティの高さで衝撃を与えた痛車写真集『Ita☆sha乙』。今回は、作者で写真家の坂口トモユキ氏を迎え、痛車の奥深さと、日本のアニメ文化の世界への広がりについてお話しをうかがう。

 

  • 坂口トモユキ

1969年香川県生まれ。東京都多摩市在住。

岡山大学地学科、東京大学大学院地球惑星物理専攻、日本写真芸術専門学校二部卒業。

2007年に米国Aperture Portfolio Prize のRunners-upに選ばれ、2008年に写真集「HOME」(蒼穹舎)で写真の会賞を受賞。

20101231日コミックマーケットC79にて痛車写真集『Ita☆sha 乙』を発表し話題をさらった。

 

 



 

 

DJ/VJ紹介


  • スギモトトモユキ

高精細かつユーモラスなエレクトロニック音楽を制作しているミュージシャン。

m-flo“ComeAgain”リミックスコンテスト(2001)、AXIA Artist Audition(2002)、Rhythmzone Starz Audition(2009)、電気グルーヴリミックスコンテスト(2009)など、多数の受賞歴を持つ。2004年にポッドキャスト番組"Modulation"を自身のウェブサイト上で配信開始。自身の楽曲とサウンドスケープ、トークなどを巧みに織り交ぜたユニークな内容で、国内外を問わず数多くのリスナーを集めた。自身のレーベル

Modulation よりアルバムをiTunesStore他でリリースしている。また、他アーティストのレコーディングにも参加。戸田誠司率いるバンドkappaにも参加している。映像クリエイター/VJとしても活動しており、サウンドと厳密にシンクロした映像表現が特長。2008年秋、映像と楽曲をシンクロさせたライブセットを初披露。2009年は、SweetVacationや1000sayのミュージックビデオ・ライブ映像の制作やVJ等の活動がある。最近では、USTREAMを活用した、映像とライブパフォーマンスを融合した形でのオンラインライブも試行中である。

http://sugimoto.be/

 

  • Jyunya(NJC/CONNECT/CLUB@NICO25)

2007年秋頃に『ニコニコ動画』で和物HOUSEのDJMIXを聴きDJに憧れ、2009年2月頃に遂に宅DJ(PCDJ)に目覚める。
その後『ニコニコ生放送』を通じて、キャリア10年以上のベテランDJ、J-LOWとの出会いにより、同年7月頃からインターネットの生放送を通して本格的にDJ活動を開始。
現在はJ-LOWオーガナイズのイベント『CONNECT』にレジデントDJとして参加中。
『CONNECT』 : http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=shagurei
更に2010年春からはJ-LOW率いるニコニコ生放送の大[email protected]て活動。
[email protected]http://com.nicovideo.jp/community/co6085
得意とするスタイルは、DEEP HOUSEを中心とした爽やかで大胆な選曲で、誰にでもわかりやすく楽しんでもらえるようなプレイを心がけている。
またDJ意外の活動では、BMX
FLATLANDという自転車競技を14歳の頃から続け、現在は『中島倶楽部(NJC)』という団体に所属し、独特のスタイルを持ち味に、各地でショー活動などもしている。 
 

  • K&A

2009年8月、DJデビュー。下北沢altotoで毎月開催の「残像☆ダンスフロア」レギュラーDJとして活動。10年9月には下北沢Club Que「真夜中のピクニック」に出演。

アイドル、ロック、ヒップホップ…踊れるならなんでも回す節操ない音楽性とフロアの誰より飲んで踊り狂うプレイスタイルは生暖かい目線を集めている。

 
  • ピコシマメ

 

学生時代からバンドのドラマーとして音楽活動を続けてきたが、2009年にアキバ系音楽のDJを始め、現在に至る。

また「COSME DU MODE」というアキバ系アートイベントのメインオーガナイザーをしていた。また、Webデザイナー&Flashデベロッパーとして、DJanzaaaiと立ち上げたクリエイターチーム「this&Co.」に所属し、数々のWeb制作を行っている。クリエイターの分野においてもその力を発揮している。初音ミクが大好きである。

http://twitter.com/pikoshimame 

http://www.shimat-works.com/

 

  • Marea

*Groovy workshop.所属。極彩色の映像を自由自在に操る。
No Electoric No life。
テクノ・ハウス~アニソン、J-POPまで音楽かかれば勝手に動き出す電気仕掛けのさすらい女VJ。


  • junkMA & terasuy

2010年MOGRAで行われた「アンコネ-underground-connection-」。主宰のDJ2人による対アンコネ用特別選曲ユニットが復活!8月の秋葉原MOGRA1stAnniversaryイベント、12月31日のカウントダウンイベントにも参加、盛大に(酔っ払いながら?)ぶち上げた。来年2月には仙台のイベント「μ(ミュー)」でのゲスト出演も決定。

 
  • junkMA

ミニマルテクノやハードテクノを守備範囲とするPCDJ。MOGRA常連。もともと「はてな」界隈のブロガー・ブックマーカーとして有名だったが、早稲田「あかね」やクリルタイ主催のネットラジオ公開収録に参加するなど非モテ界隈でうだうだしているうちにクリルタイ編集部とも知り合いに。その後意外なところで編集長と接点ができたりする。2010年、terasuy氏とMOGRAにて「アンコネ-underground-connection-」を主宰した。

http://twitter.com/junkma

 

  • terasuy

ボーカロイド全般をウォッチしながらもディープハウス&エレクトロハウスを使った選曲を得意とする。2009年からPCDJを始め、翌年には自主イベントを開催とDJサクセスストーリーを驀進する驚異の新人。初対面で『デトロイトメタルシティ』と『ヨイコノミライ』を閑静な喫茶店でひたすら熟読するという謎のイベントにてクリルタイ編集長と初遭遇、以来なんだかんだでメルマガに毎月ラノベ評を寄稿したりしている。

http://www.hatena.ne.jp/terasuy/

  • Masao

ゲーソン系DJ。もともともともと脱オタ非モテブログ界隈では知らぬ者はいない存在だったのが、何故か女装メイドに目覚めるなど迷走。クリルタイの一員として参加した文学フリマでは、30分かけて女装後、3分で文学フリマ・望月代表直々の注意による退場という伝説を残す。その後なんだかんだあってクラブ系リア充という当初の非モテ性からは似ても似つかない方向性をひた走る事に。MOGRA「ゲーソンDJバー」レギュラー出演中。

http://com.nicovideo.jp/community/co443286 

 
  • parsley

孤高の乙女男子にして、面白集団『クリルタイ』の副編集長。アンニュイでニヒル。好物はホットケーキとプリンと女性ファッション誌。文化系女子ウォッチャー。ブロガー/ライター/Webディレクションを少々。たまにはひとさまに役立つことがしたいお年頃なので、ジャーナリズムっぽいことをしていたりする。

http://yaplog.jp/parsleymood/ 

 
  • republic1963

面白集団『クリルタイ』の編集長。2002年、まだ肌寒い渋谷の映画館で『24 Hour Party People』を見たこの男の壮大なる勘違いから全ては始まった。ブロガー・ライターとして活動する傍ら、ミニコミ『奇刊クリルタイ』を立ち上げる。サード・サマー・オブ・ラブの到来をわりかし本気で信じている。

http://d.hatena.ne.jp/republic1963/

 

▼お問い合わせ

奇刊クリルタイ編集部

ふじいりょう(Parsley)

090-5567-3190

[email protected]

Date & Time

Saturday, January 22 2011 at 2:00pm (JST)

Add to Calendar

Location

秋葉原MOGRA
東京都台東区秋葉原3-11-B1

Please login to leave a comment!

There aren't any comments yet.  Leave the first one and get the party started!