これは 「ハコトモ」がサルベージして表示している旧Tweetviteの http://tweetvite.com/event/wooferbomb2 のキャッシュです。
リンク先の動作や内容修正、変更等の動作は検証しておりません。表示情報参照目的のみでお使い下さい。
ハコトモは旧tweetvite.com運営者とは一切の関係はありません。現在はいままでの利用者の便宜を考え旧運営者が管理していた旧サーバーよりデータをキャッシュして表示する機能を提供しています。これにより過去に作成したイベントは以前と同じURLで情報を参照可能です。詳しくはドメインのトップページをご覧下さい。
(この表示はGoogleキャッシュ表示用のコードを参考にして作成されました)
Tweetvite :: 4/7(Sat) Woofer Bomb vol.2

4/7(Sat) Woofer Bomb vol.2

Hosted By: FQTQ

Hashtag:   #wfb2

Views:  4132

4/7(Sat) Woofer Bomb vol.2

■会場:Wested Time (渋谷) http://www.wastedtime.jp/
■前売:2000yen ■当日:2500yen
■open18:00 / start18:30

LIVE
  FQTQ feat.大槻マキ
  チミドロ
  LBT
  おもしろ三国志
  mi-on with 若尾健生



※当日オープン時間までに参加表明(Yesを押す→)
でチケット予約になります。
※もしくは各出演者まで
※お問い合わせ、メールで予約する場合こちらから
http://www.fqtq.com/?page_id=162

 

お友達を沢山お誘いの上ご来場ください!



Cool Foot in mouthMoney mouthYellTongue outEmbarassed

★出演者紹介

■おもしろ三国志

三国志とテクノの融合を試みる唯一無二のミュージシャン。
作詞・作曲・プログラミング・パフォーマンスすべてを一人でこなす。クラブミュージック色の強いダンストラックを操り、三国志の名場面を華麗かつ滑稽に表現するライブを行う。
そのライブは三国志を知っている者にはかつてない歓喜を、三国志を知らない者には未体験の衝撃を与えている。
ファーストCD「董卓討つべし」を2007年にリリース(現在は廃盤)。手売りのみの販売にもかかわらず、1500枚の販売を突破した。雑誌取材(an・anなど)、TV出演(NHKなど)、映画レッドクリフ試写会でのライブ、台湾進出、三国志ゲームプロモーション、三国志コラム執筆など主に三国志業界内でマルチに活躍。
2010年には1840組からのオーディションに勝利し、サマーソニックに出演。その名を天下に轟かせた。おもしろ三国志がこの乱れた世に舞い降りた真の英雄なのか、はたまた只の道化なのかはその目で確かめて欲しい。
三国志検定1級取得者。夢は万里の長城でフェスを開くこと。
http://ameblo.jp/omoshirosangokushi/


■チミドロ

中学時代の幼なじみ3人組を中心に結成された、シカゴハウスをルーツに持つテクノラップユニット。ベースやシンセを加え、大所帯になってきた。
都内を中心に精力的なライブ活動を展開、これまでにDJ Assault、LL COOL J太郎、キセル、レイハラカミ等との競演を実現してきた。
http://chimidoro.iiyudana.net/
★PV 「ただの錯覚」


■LBT

“FUNKY & BEER!”がテーマのダンスミュージックレーベル。
メンバーはDJイオ、パリッコ、ペタンク、マイケル、ツージー。
ファンキーでフィーバーなアナログやCDを数多くリリースする一方で、WEB漫画「クラブDJストーム」や、イオがDJの中継中に眠ってしまったUST、通称「ネミューン」など、多岐に渡る話題を提供。
2012年3月には時代の流れに逆行し、カラーヴァイナル「LBTのファンキーフィーバー REMIXES」をリリースした。
ライブ内容は未定。
http://www.lbt-web.com/
★PV「LBTのファンキーフィーバー」


■mi-on with 若尾健生
mi-on


着物職人の父と日本画家の母を持つ。3歳からオルガンを習い始め7歳からエレクトーンを始める。その頃から曲を創り遊びだす。高校卒業後、 YANAHA,KORG,などのデモンストレーターや講師、バンド活動を経て97年~タレント等のツアーメンバーにキーボードとして参加。ゲーム会社のサウンドとして勤務した時に、周りの影響もありテクノ&クラブミュージックに開眼。95年ごろからロンドンで生まれた Drum&Bassに衝撃を受け、何度か現地に渡り、クラブシーンを体験。
99年、北京で新人歌手(SmileBoy)のレコーディングにアレンジャーとして参加。
2000年コロンビアレコードから出たアニソンリミックス(エクストリームサイクロン)に参加。2005、2006、のj-wave RADIO SAKAMOTO にAngelQuartz名義の曲が優秀作品としてエントリー&放送される。
その他TV,ラジオドラマや、ゲーム、アニメ、インディ映画のサントラなど、多
数楽曲を提供。敬愛する音楽家は日本人なら冨田勲氏、坂本龍一氏。海外ではビョーク。常に斬新でかつ良い作品を心がけている。
http://www.neuronrecords.com/

若尾健生
幼少時に和太鼓を始め、全国各地のイベント、祭り等に出演。
都内LIVEHOUSE、CLUB等で活動を精力的にこなしながら、電子音楽と民族的な音楽とのよりよいクロスオーヴァーポイントを探求している。


■FQTQ feat.大槻マキ
FQTQ


エフキューティーキュー。ポップでキャッチーでファンキーでピコピコ。
思わず体が反応してしまう独特のグルーヴは聴いた者を虜にするピコピコマジック!
2001年よりFQTQ名義での活動を開始。ファンキーでわんぱくなエレクトロを得意とし
ショルダーシンセSH-101や、ボコーダーなどを駆使したライブパフォーマンスで注目を集める。
これまでに3枚のアルバムをリリース、3rd ALBUM”FUNKY WEAPON”はDE DE MOUSEによるREMIXも収録され話題となった。
楽曲提供やREMIXなども多数こなし、INTER NEWSによるインターネット子供番組”ジキジキブンブン”の主題歌作成、ガールズエレポップデュオ80_pan(ビクターエンターテインメント)のプロデュースなども手がける。漫画家の押切蓮介とのユニット「怪奇ドロップ」は大きな反響を呼んだ。
また、パンキッシュエレクトロバンド”レコライド” としても活動を展開、テレビ東京系「ピラメキーノ」のエンディングテーマを務めた。2年半ほど活動した後にレコライドを脱退、ソロ活動に重点を置く活動を再開する。
とにかくわかりやすい“テクノの楽しさ”に溢れた ゴキゲンなエレクトリックミュージックを発信中。
http://www.fqtq.com/

大槻マキ
アニメ『ワンピース』のエンディング・テーマ「memories」「RUN!RUN!ERUN!」がスマッシュヒット。大槻真希としてシングル6枚、アルバム3枚をリリース。いくつかのプロジェクトに参加。
http://ameblo.jp/extal-maki/

♪試聴 FQTQ feat.大槻マキ

Cool Foot in mouthMoney mouthYellTongue outEmbarassed


タイムテーブル

18:00 OPEN
18:30 mi-on with 若尾健生 
19:15 チミドロ 
20:00 LBT
20:45 FQTQ feat.大槻マキ
21:30 おもしろ三国志
※各ライブ30分くらいで

 

Date & Time

Saturday, April 7 2012 from 6:00pm - 10:00pm (JST)

Add to Calendar

Location

wasted time
東京都 渋谷区 宇田川町 31-3

Please login to leave a comment!

There aren't any comments yet.  Leave the first one and get the party started!